2007年08月24日

霊園

霊園とは、寺院墓地以外の共同墓地のことをいいます。公営霊園と民営霊園があり、意味は公営墓地・民営墓地と同じです。霊園は寺院墓地と異なり、宗教上の制限がありません。


霊園全体に芝生や季節の草花などを植えて公園風に環境を整えており、お墓参りしながらゆったりとくつろげるところが多いようです。


霊園を選ぶポイントはいくつかあります。価格が妥当か、自宅から交通の便はどうか、駐車場や休憩所やお参りの際に必要な水まわりなどの設備が整っているか、霊園全体が平坦な作りで老人や車椅子でもお参りしやすい設計となっているか、そして定期清掃などの管理状態は良好かなどです。


霊園を購入する費用は、霊園の永代使用料の他、墓石の費用(工事費含む)、維持管理費といったものがあります。永代使用料は、公営霊園、民営霊園、寺院墓地の順に高くなっていくといわれますが、永代使用料に何が含まれているかを確認する必要があります。


霊園の永代使用料が1平米あたり10万〜30万、墓石本体が数十万〜数百万、プラス工事費、管理費が5000円/年程度といわれてます。霊園の使用面積と墓石のレベルによりますが、数百万、最低400万程度はかかるともいわれてます。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 13:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

霊園について

霊園とは、人が亡くなった場合に遺骨を納める共同墓地のことをいいますが、最近では人に限らず「ペット霊園」もひんぱんに見かけます。ペットも家族の一員という考え方が強まりつつある現代においては、ペットの死は家族の死同様で、納骨も霊園にしたいという需要が多いからでしょう。


ペット霊園の中には、ペットの納骨ができる霊園だけではなく、人間もペットも共に納骨できる霊園もあるようです。まさに「家族みんな同じお墓に」といった要望なのでしょうね。


霊園で異色なものとして、「ネット霊園」というのがあるようです。これはインターネット上の霊園で、ネットを通じて故人のご冥福を祈る掲示板サイトです。


霊園とは本来は、墓地としての土地と墓石(あるいは納骨堂)が実在し、そこにお墓参りに行って故人を思い出し、感謝や哀悼の意を捧げる場といえるでしょう。


ネット霊園では、お墓や遺骨の実物がそこにあるわけではありませんが、故人に対する哀悼の気持ちを捧げる場・空間という意味では、リアルの霊園と同じかもしれません。インターネット時代ならではの「霊園」といえますね。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 19:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 霊園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。