2007年08月16日

お墓について

お墓が設けられている区域のことを墓地といい、個々のお墓が建っているところ(建つ予定のところ)を墓所といい、墓所に建っているものを墓石といいます。


お墓といえば墓石をまず連想されることと思いますが、その墓石を設置する墓地(墓所)の確保(使用権の取得)がまず必要となります。


お墓の墓石の形は、ほぼ長方形の石が三段に重なっているのが一般的ですが、これは一般和型と呼ばれる形で、位牌の形を模したものです。上から順に竿石、上台、下台と呼ばれ、竿石には様々な加工が施されます。これらに芝石を加えて4点で墓石とすることもあります。


お墓は、上記の墓石の他に、花立て、水鉢、香立て、ろうそく立てを墓石の前に設置し、さらにお墓の入口と墓石を結ぶ通路となる敷石、遺骨を納める納骨室(カロート)、隣接するお墓との境界をはっきりさせる外柵などがあります。


お墓には、さらに墓誌、塔婆立て、灯籠、名刺受け、供物台などがありますが、全て揃える必要はなく、予算や墓所のスペースにあわせて検討するといいでしょう。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

お墓について

お墓といえば、「墓地に墓石があって、年に数回お墓参りに行くもの」といったことしか思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。


「お墓を建てる」とよくいいますが、これは正確にいうと墓地の一区画の使用権を取得し、そこに墓石を設置することをいいます。しかし、お墓はどうしても建てなくてはならないかというと、そういうわけでもありません。


人が亡くなった場合、遺体処理や遺骨埋葬方法は「墓地埋葬等に関する法律(墓埋法)」によって定められていますが、この墓埋法によれば、埋葬できる場所は都道府県知事の許可を受けた墓地だけとなっています。ちなみに土葬も墓埋法では認められていますが、土葬を禁じる条例を制定している自治体も多く、事実上不可能となっています。


日本の場合、98%が火葬です。多くの場合は火葬した遺骨をお墓に埋蔵するのでしょうが、遺骨を自宅に安置しておいても法律上問題はありません。よってお墓は必ずしも建てなくてはならないわけではありません。


お墓に遺骨を埋蔵しないで遺灰にして海に撒く、いわゆる「自然葬」というものがあります。これには「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り問題ない」という法務省の見解があり、厚生省からも同様に現行法に抵触するものではないとの見解が出されています。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お墓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。