2007年08月16日

お墓について

お墓が設けられている区域のことを墓地といい、個々のお墓が建っているところ(建つ予定のところ)を墓所といい、墓所に建っているものを墓石といいます。


お墓といえば墓石をまず連想されることと思いますが、その墓石を設置する墓地(墓所)の確保(使用権の取得)がまず必要となります。


お墓の墓石の形は、ほぼ長方形の石が三段に重なっているのが一般的ですが、これは一般和型と呼ばれる形で、位牌の形を模したものです。上から順に竿石、上台、下台と呼ばれ、竿石には様々な加工が施されます。これらに芝石を加えて4点で墓石とすることもあります。


お墓は、上記の墓石の他に、花立て、水鉢、香立て、ろうそく立てを墓石の前に設置し、さらにお墓の入口と墓石を結ぶ通路となる敷石、遺骨を納める納骨室(カロート)、隣接するお墓との境界をはっきりさせる外柵などがあります。


お墓には、さらに墓誌、塔婆立て、灯籠、名刺受け、供物台などがありますが、全て揃える必要はなく、予算や墓所のスペースにあわせて検討するといいでしょう。

【関連する記事】
posted by 葬儀・墓地専門家 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。