2007年08月13日

お葬式の流れ

お葬式とは、一般的に、遺族や近親者が故人の魂を送るための宗教的儀式である葬儀と、故人の友人、知人が最後の別れをする告別式が一緒になったものをいいます。


お葬式は、宗教や宗派、地域、故人の生死観などによりスタイルが異なりますが、現在日本で行われているお葬式の多くは仏式によるものです。


お葬式の流れは、一般的には次のように行われることが多いようです。


一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電披露→遺族焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞


次に告別式に入ります。


僧侶入場→開式の辞→読経・会葬者焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶または出棺→閉式の辞


なお、お葬式は、社葬などの場合は、葬儀と告別式を分けてやる場合が多いようです。

【関連する記事】
posted by 葬儀・墓地専門家 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。