2007年08月11日

葬儀の種類

葬儀の種類にはいろいろあります。日本で葬儀というと、仏式がほとんどですが、宗教により、神式葬儀、キリスト教式葬儀、また新興宗教にもそれぞれの形式があります。


「密葬」や「家族葬」といった葬儀もあります。どちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。


「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀。故人が有名人であったりして、多くの会葬者がいる場合には、まず、親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。


これに対して、「家族葬」は単独で行う葬儀で、家族や親しい友人など少人数で行います。


また、葬儀の種類には、会社が主催して行う「社葬」、葬儀をせず火葬のみの「直葬」、宗教者を招かずに、宗教色を抜いた自由な形で行う「無宗教葬」、従来の葬儀の形式にこだわらず自由な発想で行う「自由葬」、生演奏やCDなどによって音楽を献奏するような、音楽を重視した「音楽葬」、本人が生きているうちに行う「生前葬」などもあります。


葬儀はいずれの方法で行うにしろ、大事なことは故人と関わりのあった人たちが、心を込めて葬儀を行うことでしょう。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。