2007年08月24日

霊園

霊園とは、寺院墓地以外の共同墓地のことをいいます。公営霊園と民営霊園があり、意味は公営墓地・民営墓地と同じです。霊園は寺院墓地と異なり、宗教上の制限がありません。


霊園全体に芝生や季節の草花などを植えて公園風に環境を整えており、お墓参りしながらゆったりとくつろげるところが多いようです。


霊園を選ぶポイントはいくつかあります。価格が妥当か、自宅から交通の便はどうか、駐車場や休憩所やお参りの際に必要な水まわりなどの設備が整っているか、霊園全体が平坦な作りで老人や車椅子でもお参りしやすい設計となっているか、そして定期清掃などの管理状態は良好かなどです。


霊園を購入する費用は、霊園の永代使用料の他、墓石の費用(工事費含む)、維持管理費といったものがあります。永代使用料は、公営霊園、民営霊園、寺院墓地の順に高くなっていくといわれますが、永代使用料に何が含まれているかを確認する必要があります。


霊園の永代使用料が1平米あたり10万〜30万、墓石本体が数十万〜数百万、プラス工事費、管理費が5000円/年程度といわれてます。霊園の使用面積と墓石のレベルによりますが、数百万、最低400万程度はかかるともいわれてます。

【関連する記事】
posted by 葬儀・墓地専門家 at 13:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

霊園について

霊園とは、人が亡くなった場合に遺骨を納める共同墓地のことをいいますが、最近では人に限らず「ペット霊園」もひんぱんに見かけます。ペットも家族の一員という考え方が強まりつつある現代においては、ペットの死は家族の死同様で、納骨も霊園にしたいという需要が多いからでしょう。


ペット霊園の中には、ペットの納骨ができる霊園だけではなく、人間もペットも共に納骨できる霊園もあるようです。まさに「家族みんな同じお墓に」といった要望なのでしょうね。


霊園で異色なものとして、「ネット霊園」というのがあるようです。これはインターネット上の霊園で、ネットを通じて故人のご冥福を祈る掲示板サイトです。


霊園とは本来は、墓地としての土地と墓石(あるいは納骨堂)が実在し、そこにお墓参りに行って故人を思い出し、感謝や哀悼の意を捧げる場といえるでしょう。


ネット霊園では、お墓や遺骨の実物がそこにあるわけではありませんが、故人に対する哀悼の気持ちを捧げる場・空間という意味では、リアルの霊園と同じかもしれません。インターネット時代ならではの「霊園」といえますね。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 19:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 霊園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

墓地

墓地を購入する場合、墓地の土地を取得するのではなく、その使用権を取得することになります。


墓地の使用権は「永代使用権」と一般的に呼ばれますが、法律的に定められた用語ではありません。墓地を永代にわたり使用する権利で、子孫に代々引き継がれていくものであって他人に売却することはできないとなっています。


墓地の永代使用権を取得するには、墓地所有者と契約することになります。公営墓地の場合は、管理者である都道府県や市区町村に「使用許可申請書」を提出して許可をもらいます。


民営墓地の場合は、墓地所有者と契約を結びます。契約書には永代使用権の他、管理費などの規定などが盛り込まれている場合がありますので、よく確認する必要があります。


寺院墓地の場合は檀家であることが前提なので、契約書がない場合があります。


墓地を購入する際には、管理状態がいいところを選びたいものです。また、交通の便や日当たり、水はけ、風通しがよい墓地が理想といえます。しかし、あまり日当たりがよいと墓石がいたみやすいともいえます。


民営墓地においては、墓石工事の石材店を指定される場合もあります。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 墓地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

墓地

「墓地埋葬等に関する法律(墓埋法)」によれば、遺体や遺骨を埋葬できる場所は、都道府県知事の許可を受けた墓地だけとなっています。ただし、遺骨を自宅に安置しておくのは問題ありません。


墓地には、公営墓地、民営墓地、寺院墓地、村落墓地、個人墓地があります。


○公営墓地…都道府県や市区町村地方自治体が管理・運営する墓地です。民営墓地に比べて使用料・管理費などが安い、宗教上の制限がないといったメリットがあります。しかし公営墓地はいつも満杯で、公募されても競争率が数十倍にもなること、申込みの際にはその地方自治体に住所があること、日本人であること、生前には取得できないことといった条件があります。


○民営墓地…公益法人(財団など)や寺院境内以外に宗教法人が経営している墓地です。墓地取得の申込みをするのに厳しい資格や条件もなく、宗教上の制限もありません。生前取得やお墓のデザインや大きさなども自由に選べる利点があります。


○寺院墓地…寺院が管理運営する墓地です。墓地管理が行き届いており、永代供養も可能で、法要もその寺院で行ってもらえます。しかしその寺院の檀家となることが前提とされており、寺院維持の寄付などもしなくてはなりません。


○村落墓地、個人墓地…墓埋法が定められる前に、村落共有の墓地・私有地に作られていた墓地のことで、今後新たに墓地が作られることはできませんが、従来のものはそのまま認められています。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 墓地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

お墓について

お墓が設けられている区域のことを墓地といい、個々のお墓が建っているところ(建つ予定のところ)を墓所といい、墓所に建っているものを墓石といいます。


お墓といえば墓石をまず連想されることと思いますが、その墓石を設置する墓地(墓所)の確保(使用権の取得)がまず必要となります。


お墓の墓石の形は、ほぼ長方形の石が三段に重なっているのが一般的ですが、これは一般和型と呼ばれる形で、位牌の形を模したものです。上から順に竿石、上台、下台と呼ばれ、竿石には様々な加工が施されます。これらに芝石を加えて4点で墓石とすることもあります。


お墓は、上記の墓石の他に、花立て、水鉢、香立て、ろうそく立てを墓石の前に設置し、さらにお墓の入口と墓石を結ぶ通路となる敷石、遺骨を納める納骨室(カロート)、隣接するお墓との境界をはっきりさせる外柵などがあります。


お墓には、さらに墓誌、塔婆立て、灯籠、名刺受け、供物台などがありますが、全て揃える必要はなく、予算や墓所のスペースにあわせて検討するといいでしょう。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

お墓について

お墓といえば、「墓地に墓石があって、年に数回お墓参りに行くもの」といったことしか思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。


「お墓を建てる」とよくいいますが、これは正確にいうと墓地の一区画の使用権を取得し、そこに墓石を設置することをいいます。しかし、お墓はどうしても建てなくてはならないかというと、そういうわけでもありません。


人が亡くなった場合、遺体処理や遺骨埋葬方法は「墓地埋葬等に関する法律(墓埋法)」によって定められていますが、この墓埋法によれば、埋葬できる場所は都道府県知事の許可を受けた墓地だけとなっています。ちなみに土葬も墓埋法では認められていますが、土葬を禁じる条例を制定している自治体も多く、事実上不可能となっています。


日本の場合、98%が火葬です。多くの場合は火葬した遺骨をお墓に埋蔵するのでしょうが、遺骨を自宅に安置しておいても法律上問題はありません。よってお墓は必ずしも建てなくてはならないわけではありません。


お墓に遺骨を埋蔵しないで遺灰にして海に撒く、いわゆる「自然葬」というものがあります。これには「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り問題ない」という法務省の見解があり、厚生省からも同様に現行法に抵触するものではないとの見解が出されています。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お墓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

お葬式の流れ

お葬式とは、一般的に、遺族や近親者が故人の魂を送るための宗教的儀式である葬儀と、故人の友人、知人が最後の別れをする告別式が一緒になったものをいいます。


お葬式は、宗教や宗派、地域、故人の生死観などによりスタイルが異なりますが、現在日本で行われているお葬式の多くは仏式によるものです。


お葬式の流れは、一般的には次のように行われることが多いようです。


一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電披露→遺族焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞


次に告別式に入ります。


僧侶入場→開式の辞→読経・会葬者焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶または出棺→閉式の辞


なお、お葬式は、社葬などの場合は、葬儀と告別式を分けてやる場合が多いようです。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

お葬式とは

お葬式とは、辞書などによると、「葬儀ともいい、故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が営む祭儀の一部」となっています。しかし、一般的には、葬儀と告別式が一緒になったものをお葬式と呼んでいます。


お葬式のうち、葬儀が遺族や近親者が故人の魂を送るために行う宗教的な儀式であるのに対して、告別式の方は、故人の友人、知人が最後の別れをする社会的な式典をいいます。


かつて人々は、葬儀の後、墓地のある寺や火葬場まで、列を組んで遺体を送りました。これを、葬列または野辺送りといいますが、これに代わって行われるようになったのが、現在の告別式。もともと告別式は葬儀が終わってから行われるものでした。


しかし最近では、一般の会葬者が火葬場まで行くことがなくなったため、告別式は焼香を中心に、葬儀と同時に行うことが多くなっています。一般の弔問客も葬儀から出席することが多くなりました。


しかし本来、遺族が故人への想いに集中すべき時間である葬儀と、参列者への感謝を示したい告別式とは、まったく心の持ちようが違うもの。そのことをよく認識した上でお葬式を行うようにしたいものです。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

葬儀の種類

葬儀の種類にはいろいろあります。日本で葬儀というと、仏式がほとんどですが、宗教により、神式葬儀、キリスト教式葬儀、また新興宗教にもそれぞれの形式があります。


「密葬」や「家族葬」といった葬儀もあります。どちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。


「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀。故人が有名人であったりして、多くの会葬者がいる場合には、まず、親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。


これに対して、「家族葬」は単独で行う葬儀で、家族や親しい友人など少人数で行います。


また、葬儀の種類には、会社が主催して行う「社葬」、葬儀をせず火葬のみの「直葬」、宗教者を招かずに、宗教色を抜いた自由な形で行う「無宗教葬」、従来の葬儀の形式にこだわらず自由な発想で行う「自由葬」、生演奏やCDなどによって音楽を献奏するような、音楽を重視した「音楽葬」、本人が生きているうちに行う「生前葬」などもあります。


葬儀はいずれの方法で行うにしろ、大事なことは故人と関わりのあった人たちが、心を込めて葬儀を行うことでしょう。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葬儀とは

葬儀とは、一般的には、告別式の前に行われる祭儀をいい、正確には葬儀式といいます。しかし、広い意味では、人が死亡してから法要までの一連の儀式をさします。


葬儀の目的は、遺族や近親者などが故人の冥福を祈り、成仏することを願うことです。葬儀には仏式、神式、キリスト教式などがあり、宗教により様式が異なります。現在日本で行われる葬儀の多くは仏式によるものですが、そのしきたりは、各宗派や地方、会場などによって多少の違いがあります。


仏教での葬儀式の手順は、宗派や地域により違いがありますが、一般的には次のような順で行われます。


遺族・親族・参列者着席→僧侶入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電披露→焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞


一方、臨終から法要までの一般的なスタイルによる大まかな流れは次のようになります。


臨終→葬儀準備→納棺→通夜→葬儀・告別式→出棺→火葬→直後儀礼→精進落とし→納骨→法要


葬儀に関しては、葬儀社の人が手はずを整えてくれるので、特別な準備や心配の必要はないでしょう。

posted by 葬儀・墓地専門家 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。